バルトレックス研究所

バルトレックスについて説明する男性

バルトレックス服用前に是非、当サイトを御覧ください。バルトレックスは病院でも処方される安心できるお薬ですが、副作用なども報告されていますのでしっかりと知識を持ってから服用するようにしましょう。

バルトレックスが病院で処方される時の診断結果

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える目的で処方される薬です。ですから診断結果はヘルペスということになります。ただしひとくちにヘルペスといってもいくつかの種類があり、主に症状が現れる部位によって病名も異なってきます。
口の周りにブツブツと赤い吹き出物や水泡ができる症状のことを、口唇ヘルペスと呼んでいます。これもヘルペスウイルスが原因となっていて、風邪や疲れ、睡眠不足などで免疫力が低下した時によく現れます。ピリピリとした痛みやかゆみを伴い、そのままにしておけば周囲の人にも感染を広げてしまうので、バルトレックスを用いた早期の治療が必要です。
口唇ヘルペスと同じような症状が、性器周辺に現れるのを性器ヘルペスといいます。これもヘルペスウイルスへの感染が原因の病気で、主に性交渉を介して感染が広がります。性器ヘルペスは再発する可能性も高く、なかには頻繁に症状が現れる人もいるため、バルトレックスを使った再発抑制療法がおこなわれることもあります。
また子どものころによく罹患する、水疱瘡もヘルペスウイルスが原因です。赤色をした発疹が全身に現れ、次第に水痘化していくこの病気は強いかゆみが特徴で、大人が発症化すると重症化することもあります。また妊娠中の女性が罹患すると、胎児にも重大な影響がでてしまうので要注意です。
さらに帯状疱疹もヘルペスウイルスが原因です。ストレスや過労などで免疫力が低下すると、体内に潜んでいたヘルペスウイルスが活性化して、身体に帯状の赤い発疹が現れます。子どものころに罹患した水疱瘡のウイルスが体内に残っていることが原因とされており、水疱瘡と同様に強いかゆみを伴います。人によっては強い痛みも伴いますので、バルトレックスのほかに鎮痛剤が処方されることもあります。