バルトレックスについて説明する男性

バルトレックス服用前に是非、当サイトを御覧ください。バルトレックスは病院でも処方される安心できるお薬ですが、副作用なども報告されていますのでしっかりと知識を持ってから服用するようにしましょう。

バルトレックスの副作用で一番危険なもの

バルトレックスは、成分は、バラシクロビル塩酸塩で、抗ヘルペスウイルス薬に分類されます。
バルトレックスの特徴としては、ウイルス由来のチミジンキナーゼにより、活性化されて作用するため、選択毒性が高いと言われています。
適応症としては、単純疱疹、帯状疱疹や水痘、性器ヘルペスの再発抑制などがあります。
薬剤の副作用についてですが、軽度のものから重度のものまで様々で、また、発現頻度によっても分類されます。
様々は副作用の中でも、一番危険なものは、アナフィラキシーの症状が発現した場合です。
薬剤性のアナフィラキシー反応とは、薬剤に対する急性の過敏反応によって、薬剤投与後30分以内で、致命的な症状を引き起こしてしまう、全身の過敏反応です。症状の特徴としては、急速に悪化する致命的な気道、または呼吸症状による、呼吸困難や循環系の異常です。この症状に加えて、皮膚と粘膜変化を伴うこともあります。また、蕁麻疹などの皮膚症状、消化器症状などの症状が同時、または継続して複数の臓器に現れます。さらに、血圧が急激に低下し、意識障害を引き起こすことを、アナフィラキシー・ショックと呼びますが、この症状が発現すると、大変危険な状態であると言えます。
アナフィラキシーの症状が発現した場合は、まず、薬剤の投与を直ちに中止します。血圧測定、血管確保や酸素投与など、行うべき処置を行い、その時の症状として、呼吸困難、喘鳴、チアノーゼなどの呼吸器症状がみられるようであれば、アドレナリンを筋肉内に投与する、という処置を行います。また、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイド薬を用いることもあります。多くの症状は、これらの薬剤投与により軽減します。