バルトレックスについて説明する男性

バルトレックス服用前に是非、当サイトを御覧ください。バルトレックスは病院でも処方される安心できるお薬ですが、副作用なども報告されていますのでしっかりと知識を持ってから服用するようにしましょう。

バルトレックスの副作用で強迫性障害はおこるのか?

抗ウイルス薬であるバルトレックスの副作用の中には、強迫性障害とハッキリと明記されたものは存在していません。その反面、バルトレックスは様々な精神神経系に対する副作用を出してしまうことが知られており、その影響により強迫性障害に近い症状が出てしまう可能性は否定できません。では、精神神経系に対する副作用の中にどういったものががあるかという点についてですが、非常に低い頻度ではありますが、せん妄や妄想、幻覚、錯乱などの重大な副作用の危険性があるほか、めまいや意識低下などの症状を出してしま可能性があることも知られています。仮に、こういった妄想や幻覚、錯乱などが起こってしまったとすると、強迫性障害のような行動に出てしまうことも予想されます。例えば、バルトレックスの副作用により、手がウイルスに汚染されているという妄想に陥ってしまったとします。その妄想により、手をきれいに洗浄するために、繰り返し繰り返し手洗いを続けてしまうといった行動に出てしまう可能性もあります。こうした妄想や幻覚から、明らかにやり過ぎな行為を続けてしまうことを助長するとすれば、一見、強迫性障害のような症状が出てしまう可能性も否定はできないのです。ただ、バルトレックスの副作用により起こってしまった強迫性障害であれば、バルトレックスが体の中から排出されてしまえば、元通りに回復すると考えられます。ただ、こういった副作用は、バルトレックスを体の外へ排出する機能が低下している高齢者や腎臓の機能が悪化している方ほど、あらわれやすいと言われています。こういった方の場合、あらかじめバルトレックスの投与量を少なくするなどの対応を取る必要があります。