バルトレックスについて説明する男性

バルトレックス服用前に是非、当サイトを御覧ください。バルトレックスは病院でも処方される安心できるお薬ですが、副作用なども報告されていますのでしっかりと知識を持ってから服用するようにしましょう。

ヘルペスとコンジローマの診断とバルトレックス

感染症というのは、ウイルスなどか体内に侵入してしまった結果として起きるもので、患部に病変をつくり、腫れる、痛みがある、かゆみがあるなどといった症状をともなうのがふつうです。こうしたもののなかには、症状が多少似通っているため、素人判断をせずに、症状のこまかな違いをよく確認したほうがよいものもみられます。たとえば、性器ヘルペス感染症は、ヘルペスウイルスの感染によって生じる病気ですが、性器やその周囲に水ぶくれが多数あらわれ、つぶれてうみが出るとかなりの痛みをともなうという特徴があります。ヘルペスウイルスのなかまには、水ぼうそうをひきおこすものもありますので、水ぼうそうと比較すると、イメージがつかみやすいでしょう。いっぽう、性器やその周囲の病変があらわれる別の病気として、コンジローマのとよばれるものもあります。これもウイルスの感染によっておこる病気ですが、その症状としては、性器にニワトリのとさか状の小さないぼのかたまりが無数にできるというもので、痛みは通常はありません。水ぶくれとは違い、いぼであることや、痛みがないことなどを手がかりにすれば、医師の診断を待たずとも、ある程度の見分けはつくものと考えられます。性器ヘルペス感染症の場合には、バルトレックスのような抗ウイルス薬がありますので、これをしばらく服用して、症状が改善するのを待つことになります。バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑制する作用がありますが、このウイルスはいったん治っても体内に潜伏していますので、再発には注意しなければなりません。コンジローマのほうは、基本的には軟膏を塗る程度の治療方法しかなく、あとは外科的にレーザーメスなどでいぼを切り取るといった対応になります。